私の日常に欠かせない自動車

私は他人の家の車に乗るのが苦手です。臭いとか座り心地とか細かく考えてしまって落ち着かないんです。
やっぱり自分の家の自動車に乗る方が快適だし気楽に乗っていられますよね。
父の運転する車なら安心して乗っていられるから、父にはできればこの先もずっと運転してもらいたいです。

ただ、やはりだいぶ年を取ってきたので、その辺は注意していずれは運転をやめさせたいと思っています。
でも車は便利だからつい父に頼んで買い物に行ってもらっちゃいます。昔はよく遠出をしたものですが、最近はそんな時間をとることができず、せいぜい買い物くらいで終わってしまいます。

年を取ってきた父の運転だからそれくらいでちょうどいいのでしょうが、私が小さい頃に旅行に行った時のことを考えるとやはり寂しさを感じます。

自宅の車は軽自動車。
車内は狭いですが、乗り心地は悪くなく、乗り慣れてしまったせいか臭いも気になりません。おそらく家族以外の人が乗ったら臭いを感じるでしょう。
父にとっても私にとっても、そして他の家族にとっても大切な車。これからもコミュニケーションの場として、足として働いてもらおうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です